真珠婚おかげ参り
       祝 真珠婚

いい夫婦の日の昨日、真珠婚国際協会主催の真珠婚式に参加しました。

       真珠奉納

神楽殿で30粒のあこや真珠を奉納し、一般の参拝では立ち入れない御垣内で特別参拝をしました。
スーツ姿の102組の夫婦が腕を組んだり、手をつなぎながら玉砂利の上を歩く光景はかなり人目を引きます。
観光客の何の行事?という視線を気恥ずかしく感じながら、結婚前は歳をとってもいつも手をつないで歩けるような夫婦でいようと言っていたことを思い出しました。

              30粒のあこや真珠

参拝後は参集殿で饗膳をいただき、お互いに照れながら「ありがとう。これからもよろしく。」と言って記念の真珠ペンダントをつけてもらって式は終了です。
こんなふうに二人で見つめあったのは何年ぶりのことでしょう。

饗膳 真珠ペンダント


真珠婚式前日は志摩観光ホテル・クラッシックでのウェルカムパーティーに参加。

世界一

パーティー会場入り口には世界一長い真珠が展示されていました。

アトラクション

地元の方のアトラクション 伊勢海老踊り

メインの料理は伊勢海老のクリームスープと鮑のステーキ。

伊勢海老のクリームスープ 鮑のステーキ

              オードブル

これはホテルに行く途中の横山展望台から見る英虞湾の景色です。



最近は武蔵も一緒に旅行に行くのが年中行事でしたが、今回は武蔵はお留守番です。
置いていかれるのを知ってか知らずか、なんとなく心細そうに見える武蔵。

え~っ 行っちゃうの~

今回は武蔵を連れて行けない代わりに、黒のスーツにはあまり似合わないけれど武蔵のブローチを着けていきました。

              武蔵ブローチ


真珠婚式のおかげまいりを終えて、次の珊瑚婚式はどこに行こうかしら、と思う武蔵ははでした。


| 母のひとり言::出来事 |
| 08:09 PM | comments (x) | trackback (x) |

年の数だけ
真紅の薔薇

今日は私の誕生日です。
真っ赤な薔薇が大好きな私のために、娘と息子が年の数だけ薔薇の花をプレゼントしてくれました。

不惑を通り過ぎて、孔子曰く天命を知る年になりました。
でも、幾つになっても心は18歳の私は、まだまだ天が与えた使命を知ることはできません。

        おかあさ~ん

おかあさ~ん それはボクの面倒をみることだよ~。

        わかった~

そうね。これからは武蔵と一緒に暮らすことが私の使命よね。

ケーキ

バースデイケーキを買おうと思ったけど、美味しそうなのがなかったからと娘が買ってきたのはバレンタイン限定のチョコレートケーキでした。
美味しければ私は何でもOKよ。

        日本酒

そして、今夜は和食だったので、辛口の日本酒まで買ってきてくれました。
プレゼントは幾つになっても嬉しいけれど、こんなに散財をさせてしまっていいのかしら。
思いがけないプレゼントに、いつまでも子どもと思っていたのに大人になったのねとしみじみ感じた母でした。

で 幾つになったの?

「で、おかあさん幾つになったの~?」


ランキングに参加しています。
母の年をきく武蔵に 母といえども女性の年はきかないでねのポチッ!をお願いします。

  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  ← こちらをわんクリックしてね!


| 母のひとり言::出来事 |
| 09:25 PM | comments (12) | trackback (0) |

母に感謝する日
水仙

私の大好きなアーティストのさだまさしが言っていました。
誕生日は自分を生んでくれた母に感謝する日だと。

今日は、私の亡き母に感謝し母を偲ぶ日です。
誕生日には必ずお赤飯を炊いてくれた母。
結婚してからも、在所に行くと「今月は誕生日やから、お赤飯炊いたよ。」と言って、お重に赤飯を詰めて庭の南天の葉をのせて持たせてくれました。
母の煮てくれる黒豆は最高でした。煮方を教えてもらっておかなかったことが悔やまれます。求めても求めきれない味です。
母は洋裁をしていたので、物心ついてから母が亡くなるまでずっと誂えの洋服が着られたことは最高の贅沢だったと、今になって思います。
そして、母になった今、私が死んだら子供たちはそう思ってくれるかしら・・・と思います。
いなくなった後も年に一度は思い出してもらえたら・・・

| 母のひとり言::出来事 |
| 09:49 AM | comments (2) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑

Copyright © 2006-2010 美濃柴犬 武蔵とちえりの部屋::母のひとり言::出来事 ,
All Rights Reserved./Skin:oct