着尺から帯

小紋の着尺を3人で分けて帯を仕立てました。
帯
着物として着るには、ちょっとと思える柄ですが、手持ちの着物に合わせやすい帯に仕上がりました。
紫の紬
         
似紫の紬と合わせてみました。
色大島真綿紬
石竹色の大島紬や裏葉柳色の真綿紬との相性も良いようです。
着物一枚に帯三本といいますが、帯一本で三枚の着物が着こなせます。
これなら万能帯と呼べるかしら。

コメント

  1. nao! より:

    すごくきれ~!!
    ママさんは、どんなとき着物を着るのかな?
    私もそんな機会が欲しい。
    いつもGパンの私には、遠いかな・・・

  2. 海ママけい より:

    綺麗な色具合ですね。
    着物が好きなんですね。
    とても優雅な感じでよいですね。
    自分で着付けもするんですか?
    いいなー

  3. 武蔵はは より:

    nao!さん
    着物は洋服にはない色使いをしますから、綺麗ですよね。
    普段はウールや木綿の着物を、後はショッピングやお出かけの時に着ています。
    Gパンに相当するのが木綿の着物なんですよ。
    着たいときに、もっと気軽に楽しんでね。

  4. 武蔵はは より:

    海ママけいさん
    ある日急に着物が着たいと思って、近所の呉服屋さんで着付けを習いました。
    着始めたころは、毎日仕事が終わって帰宅してから、着物で過ごしていました。慣れですよ。
    普段はパンツスタイルでスカートをはくこともないんですが、着物を着ると違う自分になれるのが楽しいですよ。